HYBRID_W-ZERO3/購入レビュー/15 HYBRID W-ZERO3 3G圏外から復帰しない - HYBRID W-ZERO3 WILLCOM

Top > HYBRID_W-ZERO3 > 購入レビュー > 15 HYBRID W-ZERO3 3G圏外から復帰しない

HYBRID_W-ZERO3/購入レビュー/15 HYBRID W-ZERO3 3G圏外から復帰しない

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

HYBRID W-ZERO3 の優れたバランス感覚に感心

 2010年1月28日(木)から使い始めている「HYBRID W-ZERO3」も、あっという間に10日間が経った。「WILLCOM 03 」に比べて重いなあとか、1GHz の SnapDragonプロセッサを搭載した「T-01A 」よりは、やっぱり動作は重いなあ、と思ったりもするのだが、電話も、ネットも、ネットアプリも、カメラも、メディアプレーヤーも、パソコンの外付けモデムも、1台にまとめてしまった、というのが感想だ。人によっては賛否両論はあるだろうが、個人的には、HYBRID W-ZERO3 のトータルとしての完成度、別の言い方をすると、バランス感覚というのは非常に優れたものがあって、さすが『日本のスマートフォン』発祥のウィルコムだし、『日本のスマートフォンの父』である須永氏率いるチームのデザインによるものだなあと感心させられる。

HYBRID W-ZERO3 の3Gが圏外から復帰しない

そんな「HYBRID W-ZERO3」で困ったのが、3G通信が時々圏外になったままになってしまうという問題だ。この問題は、最初自分だけなのかと思っていたのだが、発売日に量販店で買ったという知人が一人、さらにネット上や、Twitter でも、同様の書き込みがあり、ウィルコムのサポートセンタも認めているという書き込みすら流れていた。ここまで、いろいろ書かれているということは、じきにファームアップでもされるだろう、と考えたのだが、やはり不自由には代わりがない。いつの間にか、地下鉄から降りると「HYBRID W-ZERO3」の電源をオフオンするという妙な癖がついてしまった。

W-SIM による PHS通信の方は問題ないし、実は、W-SIM による通信が生きていれば、メールの着信通知までは必ず行われる。そこまでちゃんと動いていれば、実は 3G通信はたまに電源オフオンするでもあんまり困らないもんなんだなあと納得したりもしていた。

が、それではあまりにも他の人には勧めづらい。

ファクトリーリセット(完全消去)で直る?

そんな中、2ch等の掲示板に繰り返し書き込みがあったのが「ファクトリーリセット(完全消去)」すれば、直るという内容だ。最初は信じていなかったのだが、特にだまされた、という書き込みもないため、半信半疑ながら試してみた、というのが、今回の購入特集の内容。まじめな話、まだ2日程度しか経過していないので、完全に直ったかどうか分からないのだが、今のところ、この問題については、まったく問題が無くなったように見える。ということで、なんだか「完全消去」と言われると抵抗がある人のために、手順と結果を共有しておきたい。

基本はバックアップから

ここから先は、HYBRID W-ZERO3 の取扱説明書の用語に従って「完全消去(フォーマット)」という言葉を用いたい。
「完全消去(フォーマット)」するにあたって、最初に行うのはバックアップだ。

私の場合、アプリケーションの設定もまだで、電話帳(連絡先) とメールだけを使っていたため、今回は、最小限の「連絡先」のバックアップだけを行って、メールの内容は一旦全部消去することにした。ということで、試した手順としては下記の通りだ。

  1. 「連絡先」のW-SIMへのバックアップ
  2. 完全消去の実施
  3. 初回起動
  4. オンラインサインアップ

なお、オンラインサインアップで、メールについて「蓄積:する」の設定にして、かつ、Outlookの受信トレイにメールを入れたままにしており、メールボックス上限に達していない場合、これだけの設定でも、ウィルコムメールの内容を再ダウンロードすることができた。そこは実は期待していなかったが、結果的には、通話履歴くらいしか失っていないことになった。

「連絡先」のW-SIMへのバックアップ

W-SIMへのバックアップは、前回もレポートしたとおりだが、前回は、WILLCOM 03 からの電話帳の移行だった。今度は、HYBRID W-ZERO3 自身へのバックアップと言うこともあるので、改めて画面も紹介しよう。

  1. まず、「スタート」>「設定」>「個人」>「電話」を選択する。
  2. 次に「その他」タブで、「電話帳転送」メニューを選択する。
    http://farm5.static.flickr.com/4063/4337843774_11c8a7196c.jpg
  3. 「電話:電話帳転送」というメニューが立ち上がるので、今回は、下側の「連絡先→W-SIM」を選択する。
    http://farm5.static.flickr.com/4068/4337103929_8c90092e9d.jpg
  4. 「転送」確認が出るので「はい」を選択。
    http://farm3.static.flickr.com/2804/4337850820_eae46837f5.jpg
  5. 転送が始まる。400件程度の転送には、およそ 2分程度と短く完了した。
    http://farm3.static.flickr.com/2619/4337110253_e36522ed1a.jpg http://farm3.static.flickr.com/2745/4337111871_07e5843e4a.jpg

完全消去(フォーマット)

詳細な手順は、「完全消去(フォーマット)」を参照していただくとして、ここでは、そのままを紹介しよう。

  1. 満充電の状態にしておく (実際には、5の手順でACアダプターを取り付ければよい)
  2. 一旦、タスクマネージャーで、全部のアプリケーションを終了させる。
  3. 裏蓋を開ける
  4. スタイラスで、リセットキーを長押しする。
    http://farm5.static.flickr.com/4050/4337859096_ec7ef3668a.jpg
  5. 本体の「7」、「9」キーを同時に押したっぱなしにしながら、もう片手で電源を入れる。
    http://farm5.static.flickr.com/4058/4337861918_469e6832cb.jpg
  6. ブルっと震えて、メンテナンスメニューが現れる。
    http://farm5.static.flickr.com/4057/4337863434_76277230c8.jpg
    フォーマットを行うと、ご購入後に登録されたデータや設定、追加したプログラムなどの本体データがすべて消去されます。
    という表示が現れる。
  7. 「8」キーを押して、「はい、フォーマット」を選択する。
  8. 再起動がかかり、ウィルコムロゴ登場
    http://farm5.static.flickr.com/4070/4337867100_76eb5b8632.jpg http://farm5.static.flickr.com/4038/4337868568_8f759cebd6.jpg
  9. 自動的に初回起動の流れに進む。
    http://farm5.static.flickr.com/4051/4337127257_0d3ff9946e.jpg http://farm5.static.flickr.com/4006/4337129583_738860d05f.jpg
    http://farm5.static.flickr.com/4014/4337881972_949d15e7a2.jpg http://farm5.static.flickr.com/4056/4337888212_b3699cf8ae.jpg

残りの手順

ここまで終わったら、後は見慣れた手順になる。

すっかり 3G通信の安定化が向上

ウィルコムやシャープが認めたわけではないので、本方法が適切なのかどうかは分からない。しかし、他の人はおいておいても、自分は 3G通信が圏外になる現象が改善した、という状況だ。原因が分からないのに直ると言うのは、正直気持ちがよいものでもない。従って、引き続き状況は見守り、何か動きがあればお知らせしたいと思うが、今本当に困っているならば、完全消去(フォーマット)を、早めに一度試してみるとよいのではないだろうか。

http://click.linksynergy.com/fs-bin/click?id=WYDp7mEsf4c&offerid=184238.10000764&type=4&subid=3


WILLCOM HYBRID W-ZERO3 購入レビュー一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Tue, 09 Feb 2010 02:53:46 JST (2663d)